大友克洋のまとめ集

大友克洋のブログ、twitter、インスタグラムをまとめました。

友達と共有する

AKIRA(漫画)Akira 10782

AKIRA(漫画) - 大友克洋

『AKIRA』(アキラ)は、大友克洋による漫画。講談社発行の漫画雑誌『週刊ヤングマガジン』で連載。アニメ映画化(1988年)、ゲーム化もされた。題字は平田弘史が担当した。

新バージョンのまとめ集もCHECK!

情報のストック、お気に入り、会員登録、掲示板など機能が満載

新・AKIRAのまとめ集

Twitter (#AKIRA)

2時間前

@amebix8232

AKIRA 大友克洋先生のSF漫画。ヤンマガに1982年から連載、もう35年以上前の作品になりますが、数々のハリウッド映画に影響を与えたました。 第三次世界大戦後の「ネオ東京」を舞台とした超能力モノ。 SPECIAL DVD… twitter.com/i/web/status/1…
3時間前

@maa_0226

@funasshii_na @shinnosukeykt @vizkage 大友克洋さんの「AKIRA」の鉄雄というキャラクターです(・∀・)/
3時間前

@backward_raven

Blu-ray版で『AKIRA』を見直して思ったのは、 もしや大友克洋さんは、ブレードランナーに影響されてるのでは? ということ。 鉄雄が収容されてる施設の外観とか、ブレランのタイレル社に似てると思うんですが。
7時間前

@poomemo_bot

【ア】大友克洋の漫画『AKIRA』でアキラは28号と呼ばれますが、キヨコは「○○号」と呼ばれる? →25
10時間前

@animetan_jp

【作品紹介】『AKIRA』 莫大な制作費をかけて作られた1988年公開のアニメ映画。大友克洋さんによる漫画を原作に、原作者である大友さん本人が監督を務めているの。豪華な作画スタッフと演出による映像からは、今でも色褪せない凄みが感じられるわ。展開はちょっと人を選ぶけどね

(^○^) 2ちゃんねる(AKIRA)

AKIRAの関連動画

2018/09/02
AKIRA」の名シーン 名セリフ鉄雄 金田 アキラ mach जापानी एनीम
2018/08/06
2018.08.04 芸能山城組 金田とケイの脱出 AKIRA 大友克洋
2018/08/06
2018.08.04 芸能山城組 金田のテーマ AKIRA 大友克洋
2018/06/09
周末推片!大友克洋巅峰之作,硬核动画电影《Akira

AKIRAのQ&A

3週前
押井守、大友克洋、赤塚不二夫、等の天才漫画家はでないの?
押井守、大友克洋、赤塚不二夫、等の天才漫画家はでないの?
2ヶ月前
漫画マニアの方々にご指導頂きたい
私は1970年代生まれのお年寄りです。 昔は漫画家を目指し、高価だったカブラペン、Gペンやスクリーントーンとガラス棒などを苦労して工面し、そういえば中学の卒業文集のイラストを書い...
6ヶ月前
映画やドラマの、好きなセリフはありますか?
私は、映画やドラマを見て、とても印象に残った、お気に入りのセリフがいくつかあります。 例えばこれ。 I'm not in the sisterhood, I'm my own ..
1年前
大友克洋さんについて
大友克洋さんの作風や考え方を教えてください
1年前
7月24日は「劇画」の日。何度も読みたくなる劇画はありますか?
7月24日は「劇画」の日。 何度も読みたくなる劇画はありますか? (1964年(昭和39年)に青林堂が劇画雑誌「ガロ」を創刊したことによる。 白土三平の「カムイ伝」をはじめ、数々の話題作がこの...
2年前
ユーザー名の由来
皆さんのユーザー名の由来は何ですか?
6年前
今年の夏休みにある漫画原画展の一覧を教えてください
荒木飛呂彦氏の「ジョジョ展」や、大友克洋氏の原画展のような、2012年の夏休みに開かれている漫画原画展の一覧(どんな作家のものがあるか)か、そのような一覧が載っているサイト(社団法...

大友克洋のまとめ集が気に入ったら
「いいね!」をしよう!

MATOMEDIAの最新情報をお届けします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

本日の注目ニュース

大友克洋について

大友 克洋(おおとも かつひろ、本名同じ[1]、1954年4月14日 - )は、日本の漫画家、映画監督。宮城県登米郡迫町(現在の登米市迫町)出身。宮城県佐沼高等学校卒。血液型はA型[1]。1973年『漫画アクション』にてデビュー。代表作に『童夢』『AKIRA』など。ペンタッチに頼らない均一な線による緻密な描き込み、複雑なパースを持つ画面構成などそれまでの日本の漫画にはなかった作風で、80年代以降の漫画界に大きな影響を与えた。息子はイラストレーターのSHOHEI(大友昇平)。

スポンサーリンク

公式Facebookページ

更新情報をチェック

スポンサーリンク